第1条 名称・所在地

本会は「奥鬼怒岩魚保存会」と称し、現地本部を栃木県日光市川俣の奥鬼怒温泉郷加仁湯に置き、東京都その他に事務局を設ける。

第2条 目 的

本会は、奥鬼怒の自然を愛し、そこに生息する岩魚の保護育成及び釣り人の資質の向上発展を図ることを目的とする。

第3条 事 業

本会は、その目的を達成するため次の事業を行う。
1.岩魚の再放流。
2.自然環境の整備に必要な事業。
3.釣り人の技術及びマナ-の向上を目的とする事業。
4.会報の発行、その他の広報活動。
5.地元漁業組合の行う事業への協力。
6.その他本会の目的達成に必要な一切の事業。

第4条 会 員

本会は、名誉会員、正会員、特別会員をもって構成する。

第5条 総 会

1.総会は、会員をもって組織し、毎年2回定時総会を開く。また必要に応じて臨時総会を開くことができる。
2.総会は、会員の資格に関する事項、役員・理事の選任、会費、会則の変更、事業計画案・予算案の承認及びそれらに準ずる重要事項につき、出席者の過半数をもって決議する。

第6条 役員・役員会

1.本会役員として名誉会長、顧問、相談役、会長、副会長、事務局長、事務局次長、会計監査を置き、他に理事を置く。副会長は3名以内、会計監査は2名以内、理事は15名以内とする。
2.会長、副会長、事務局長、事務局次長、会計監査及び理事の任期は2年とし、再任は妨げないものとする。
3.名誉会長、顧問は、会の重要な事項につき諮問する。
4.前号以外の役員と理事は役員会を構成し、会の運営を行う。
5.役員と理事は役員会で推薦し、総会で決議する。
6.役員会は必要に応じて委員会を設けることができる。
7.正会員のうち、会費未納者等に関する処遇は役員会に諮り、総会で決議する。

第7条 会 計

1.会計は入会金、会費並びに善意による寄付をもってまかなう。
2.会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
3.正会員は毎年所定の会費を事務局宛てに前納することとし、途中入会の場合も同額とする。但し、10月以降に入会した場合はその年度の会費を免除することができる。
特別会員は会計年度を問わず1口1万円の特別会費を納入する。

第8条 釣行の心得

1.会員は、いかなる場合でも体長20㎝以下の岩魚、山女魚は釣ってはならない。止むsなく、釣り上げた場合でもその場で放流することとする。
2.会員は1日20匹以上釣る事は禁止する。
3.会員は健康に留意し、無理な釣行を慎む。
4.会員は目につくゴミは他人の捨てたものでも持ち帰る。
5.会員は、会員証を持参し、会の指定したワッペンを着用し、喫煙者は携帯用灰皿を持参する。