釣 りマナー 教 室 の 目 的

釣りマナー教室に参加する方に、奥鬼怒岩魚保存会からのお知らせです。

1.岩魚を釣らなくては「再放流」できない。

岩魚保存会の最大事業は「再放流」です。
「再放流」は、奥鬼怒の天然岩魚を釣る事から始まりますが、天然の岩魚を釣る事は中々難しいものです。ですから、「再放流」するためには、何よりも岩魚を釣る技術を磨くことが必要になります。

2.岩魚釣りを通じて、岩魚の保護を考えて頂きたい。

一般の方にも岩魚の保護を考えて頂きたいと考えています。
残念ながら、岩魚の保護は一般の方にとって身近な問題ではありません。そこで、まず岩魚釣りの素晴らしさを理解して頂きたいのです。岩魚釣りの素晴らしさを知ってこそ、岩魚の保護を考えられるのではないでしょうか。

3.釣り人にマナーを守って頂きたい。

岩魚を保護するためには、釣り人ひとりひとりがマナーを守って釣りをすることが大切です。
釣り場にゴミを残さないことは最低限のマナーですし、何よりも岩魚の乱獲を防ぐことが必要です。
岩魚の繁殖のために、支流の種沢は釣らずにそのまま残して置く愛情を持って欲しいものです。

父と子で岩魚を釣る