イワナたちの聖域
奥鬼怒岩魚保存会『再放流活動』の試み!!

小沢に再放流する奥鬼怒岩魚保存会の会員たち

■私たちの再放流活動が『山と渓谷別冊「渓流フィッシング」に掲載紹介された記事より抜粋して以下にご案内します。

奥鬼怒岩魚保存会
 関東の名流の一つに栃木県を流れる鬼怒川がある。源頭は尾瀬の南側にある鬼怒沼山で、上流のほとんど日光国立公園に位置する自然の多いところだ。奥鬼怒は、イワナ・ヤマメなどの渓流魚の魚影が濃く、渓流釣りのメッカである。栗山山村の川俣部落にできた川俣ダムが本来の生態系を変えてしまったが、まだまだ天然の魚は健在だ。
しかし、この渓流魚の健在ぶりについては地元、川俣漁協の活動もさることながら、ある民間の保護団体の活動を抜きにしては語ることができない。
 その名を「奥鬼怒岩魚保存会」という。釣り好きの人なら一度は聞いたこもあろうが、同会のこの奥鬼怒一帯に生息する渓流魚の保護を始めてから既に十数年経った。彼らの活動が注目に値するのは、その保護の方法である。

渓流魚の保護
 渓流魚の保護といえば、現在では各地の漁協が実施しているような放流が一般的だが、昨今では「よりネイティブな魚を」と、成魚・稚魚放流のほかに、卵放流を試みるグループもいる。しかし、奥鬼怒岩魚保存会が採用しているの手段は釣った魚の「再放流活動」。
つまり、その川に生息する本来の魚を保護し、魚影の少なくなった場所や本来、魚が繁殖しやすい場所に再放流するのである。
 この方法は簡単なように聞こえるが、実はかなりの量を再放流する必要があるから大変だ。また、任意団体の活動に頼っている日本の渓流魚を思う時、地道な活動を続けてゆくことは困難な面が多いことも事実。

初代会長 青柳陽一氏と奥鬼怒岩魚保存会
 「卵放流も一つの方法に違いない」と語るのは、同会の青柳陽一会長である。そして、青柳会長は「ただし、よその川の卵を使ったら何もならない。イワナの卵の中にニジマスやヤマメの卵が混じっている可能性だってあるからね。それに稚魚放流といっても、魚が絶滅した川に放流するのならいいが、在来型のいる河川に放流したら、在来種は駆逐されてしまう。今の放流はヤマメが中心でしょう。だから、ヤマメを放流されてしまったためにイワナが駆逐されてしまった川もある。これでは元も子もないよ。」と語り、同会はイワナの保護を大前提としてきた。
それも稚魚・成魚放流、もちろん卵放流という手段は使わず「再放流」という形を取って十数年以上保護してきたのである。

昭和50年3月13日、青柳氏と同好の仲間が集い、保存会は正式に発足した。本部は、栗山村にある奥鬼怒温泉郷の一つ加仁湯。加仁湯の老主人、名誉会長として三笠宮寛仁親王殿下がご就任。会は、現在も積極的な活動を展開している。会員は現在百余名。会則にもあるように同会の目的は「岩魚、山女魚の再放流」である。

再放流
 ところで、具体的な再放流活動はどのように行われているだろうか。
「まず、釣りが下手では再放流はできないね。網を打てばいいと考える人もいるだろうが、網では魚が傷つきやすく、渓流では難しい。そこで、釣りが上手になるよう釣り教室を開き、腕を磨くことに重点を置いているんだな」と青柳会長。
 釣り団体としてはうってつけの魚の取得方法だ。もちろん、魚影の濃い渓流で釣り、釣った魚は魚影の薄いところへ活かして運び、再放流する。そして、他の釣り人が入れないようボサでフタをしておく。
 さらに、釣った時も放流する時も、魚を乾いた手で触れないようにする。これは体温の低いイワナに、三十六度の体温を持つ人間の手で触れれば、火傷と同じような痛手を蒙るからだ。

放流についてはニッコウイワナの生態を保護する意味から、全て鬼怒川源流部のイワナを対象とし、他の河川のイワナは放流しない。これを徹底するため、その管理を漁協(川俣漁業協同組合)から、夫婦淵温泉より上流を任せてもらうよう交渉。テリトリーは限られているものの、その区間におけるイワナの生態だけは保護されるわけだ。
 会の活動としては、釣り教室を中止に河川清掃、保護を啓蒙する看板も設置、県や漁協との協力、会報の発行等多岐に渡っている。

イワナ保護における考慮点
 奥鬼怒岩魚保存会の活動から伝統的なイワナの保護方法の一端を紹介したが、この方法も必ずしも完成されたものだとはは安易にいえない。しかし、日本の渓流魚の保存に対して着目すべき点は多いはずである。その中で重要な三点をまとめておこう。
1.在来型の種の保存ま
2.河川における魚の適正放流
3.釣る行為と保護の矛盾の克服
 肝心なのは一つの種の保存である。釣りの盛んな現在では釣り客に対応すべく放流は各県の条例で義務付けされている。だが、川の生態系を全く無視した放流が行われ、魚は放流というより川にぶち込まれるといった方が正しいところも多い。中に北方系のイワナを放流している漁協が関東にある。ほ北方系イワナは種の繁殖力が強いといわれ、在来型のニッコウイワナを駆逐してしまうという。むやみやたらな放流は決して魚の減少の解決にならないことは専門の学者も指摘しており、 この点でも同会の活動は注目すべきものがある。
 第二点の適正放流も重要だ。遡上性の高い渓流魚もプールで育った場合は、あまり移動しないとの報告もあり、大量に放流することは共食いを助長するようなものである。同会の再放流はj、この点も考慮して現場に臨んでいる。放流は魚族の繁殖を可能にするような威信の注意をもって行われるべきといえよう。
 第三点の釣りと保護の克服も注目すべき点だろう。任意団体の活動に頼っている日本の渓流保護を思う時、釣りと共存する保護のあり方は問われてもよい問題である。
「釣り人が保護など考えるな」という意見も多いが、それは短絡的なことだ。美しい渓流魚だからこそ釣り、また護ってやりたいと思うのが自然である。

釣りと伝統文化
 その面で同会の活動が「釣り教室」を中心においているのは「再放流」が目的だからである。ただ、現在ゲームフィッシングとして釣った魚はリリースしようという掛け声が勇ましいが、これは保護を課題としているわけではないので除外したい。同会では食うための魚を釣ることを是としているし、何よりも職漁師の末裔たちのような存在だ。伝統的な釣りと文化は絶やしたくないものだ。

山と渓谷別冊「渓流フィッシング」山と渓谷社刊より抜粋